カテゴリ:フレンチ( 14 )

ビストロ・エ・ヴァン・シュウ


この日は高砂にある 『Bistro et vin Choux (ビストロ・エ・ヴァン・シュウ)』へ。

以前(かなり前?)の場所のときから行きたくてウズウズしてたんだけど、
なかなか機会に恵まれず、やっと来れた♪
それにしても、こんなに会社の近くにあったなんて(笑)


店内は広く、こげ茶×白でシックな雰囲気。
週半ばだったからか、お客さんは最初私たちだけ。


スタッフがおっきなメニューボードを持ってきてくれた。
思ってたよりたくさん!どれにしよ~。
f0077194_0315771.jpg

「牡蠣のジュレ添え 白アスパラガスのクリームソース」
 キラキラ宝石みたい☆。*・ 大振りの牡蠣が2つ。これで600円だったかな?
f0077194_2222649.jpg


「熊本県産馬肉のカルパッチョ パルミジャーノ仕立て」
 これは文句なしに美味しい!オーダーも即決♪
 コクのあるパルミジャーノとビネガーが効いたドレッシングがお肉の甘みと合う〜。
f0077194_22524058.jpg


「穴子とフォアグラのパイ包み焼き」
 どんな風にくるんだろ?!想像をかきたてられて☆。*・
 どどーんと来たパイをみて、“おぉっ!” そしてナイフでおもむろにサクッw
f0077194_03192.jpg
 
 味が濃いそう?と思ったけど、むしろソースをもっと絡めたいくらい。 
 こんがり焼けたパイがサクサクッと美味しい。フォアグラの部分は濃厚ですw
f0077194_034086.jpg


「鴨のロースト 春野菜のソテー添え」
 すごいボリューム!と思ったけど、二人であっというまにペロリw
 ローストは旨味がギュッとつまってて噛むほどに美味しい♪
 そしてたっくさんの葱、玉葱、色々なお野菜たち。もぉ~甘くっておいしすぎ♡
f0077194_0102244.jpg



この日はこの後も行きたいお店があったので…。
この辺りでさくっとお店をでて、タクシーへ乗り込む(チャリごとw)

自転車つんでくれるんですね~。でもトランクからはみ出してるチャリが
気になって何度もうしろを振り返っちゃう(笑)*



f0077194_12563195.jpg
 ■Bistro et vin Choux
(ビストロ・エ・ヴァン・シュウ)
  福岡市中央区高砂2-13-13
  フェアリー高砂1F
  TEL 092-521-7751

  ※コース料理は前日までの
  予約が必要です(^^)b
 

[PR]
by nao-ltd | 2007-05-10 23:45 | フレンチ

ル・ジョンティ


  週末の夜、B.Dのお祝いにと久しぶりに家族&叔母と外食。
  お店は以前から行ってみたかった、高砂にあるル・ジョンティ
  外から一番に目に入る厨房に立つ、朝長シェフの姿がとても印象的。
  料理はコースでお願いしました。
  


  アミューズの半ばくらいのタイミングで、パンがサービス。
  バゲットはなくこちらのタイプのみ。ばりっと食べ応えあります。
f0077194_16191290.jpg


  肝心のアミューズを撮っていません…。(ちょっと遅刻してしまったので)
  炙りが香ばしい鰹のタタキに、マスタードを効かせたオランデーズソース。
  それにゴルゴンゾーラの冷たいアイスクリーム添え。このアイスが美味しかった。


  前菜は、海の幸と野菜の3層のムース仕立て。
   下からトマトと黒オリーブのソース、カリフラワーのムース、菜の花のムース。
   その上にコンソメジュレと、蛤とウニが贅沢に添えられた一品。
   キラキラと宝石みたい。
f0077194_16193857.jpg


   お魚料理。この日はアラのポアレ。
    たくさんの春野菜が添えられていて、旬の味覚を存分に味わえます。
    ソースも春らしいやさしい黄色、野菜のソースです。
f0077194_16195635.jpg


  メインは4種ある中から「仔羊背肉のロースト クコの実とミントのソース」
   仔羊が、肉厚なのにやわらかくてジューシー。
   ミントはそこまで感じなかったけど、脂身も美味しく頂けました。
f0077194_16201526.jpg


  そして…。

  パチパチッ。
  照明が落ちる音がして、シェフとスタッフの方が“ハッピーバースデー”を歌いながら
  デザートを持ってきてくれました☆。*・
f0077194_1620372.jpg

  すごーい☆。*・  これはとてもうれしかったです。
  濃厚なマンゴーのソルベの下に、ほろ苦のカラメルを感じるカタナーラ。
  ひんやり冷たいソルベと酸味が程よいソースで、ボリュームのあるお肉を食べた後
  にもすんなり頂けました*
f0077194_1621554.jpg



    雰囲気はビストロで、お料理はレストラン。
    なるほど、と思いました。
    頻繁には来られないお店ですが、シェフの工夫がちりばめられたお料理、
    また食べに来たいと思います。
    ありがとうございました☆。*・



  ■le Gentil(ル・ジョンティ)
     福岡市中央区高砂1-17-27
     ジュネスtomachiビル1F
     TEL 092-531-2884
[PR]
by nao-ltd | 2007-04-18 16:31 | フレンチ

Pissenlit


f0077194_20263576.jpg

ずっとずっと来たかった。
そんなお店の一つに、
やっとこれた。
春吉にある 「ピサンリ」
ずっと知らずに通り過ぎてた。
こんな所にあったなんて。




f0077194_20265459.jpg蛸とセロリのマリネ
        ガルシア風


たくさん食べるならコースがお得と勧められた。その3500円のコースの前菜。家で食べるのと違うのは、ピリリと爽やかな辛味があるソース。
この前のアミューズは自家製のフロマージュ・ブリオッシュのようなパイ。


f0077194_20271392.jpg
ガチョウの砂肝とビーツのサラダ仕立て

ガチョウの砂肝って初めてかも。コリッとした歯応えはなく、むしろ柔らかい。調理法で変わるのかな?そしてビーツもこんなに大きくカットされると、独特の食感だ。写真ではあまり見えないけどね。




f0077194_2027366.jpg
スープ・ド・ポアソン

カウンター越しに器がみえた瞬間「あ…!!」と思った。
丁寧に裏ごしされたお魚と素材の旨味全てがぎゅっとつまって。ひとくち口に運ぶと凝縮された香りがふわっと広がる。笑顔になる。



f0077194_2028466.jpg牛ほほ肉の煮込み
ノルマンディー風


あつあつのグラタン皿で取り分ける。だから実際は倍のボリューム。
いつも口にする煮込みと違って、クリーミィでほほ肉のコクも抜群。それぞれに手が込んでて、上手くまざりあってる感じだ。おいしくて幸せ。




f0077194_2028188.jpg
フロマージュ・フラン

黒板に書かれたメニューをみて、期待してたんだ。
このチーズのこっくり感は、
見た目通りに素敵だった。
きめ細かくて、しっとり。
添えてある熟した苺もエスプレッソも、どれも満足。





f0077194_20283335.jpg


           

    ■Pissenlit(ピサンリ)
     福岡市中央区春吉2-16-12
     TEL 092-721-1713
     OPEN 18:00-01:00
     お休み 月曜日
[PR]
by nao-ltd | 2007-03-23 20:28 | フレンチ

COQUINES


  「なうしかちゃん卒論おつかれさま会」で、平日飲み(^^)b
  西新にあるCOQUINES(コキンヌ)に行って来ました。 
  ほぅほぅ、こんなとこにあったんだ。
  学生のときは全然気がつかなかったなぁ。
f0077194_10131480.jpg


  メニューは黒板に書かれたものを持ってきてくれます。
  有機野菜を使ったサラダ感覚の前菜が多かったかな?
  あとはリエット、パテなどの定番ものに、メインのお料理はちょっと。
  なかなかチョイスが難しいね(^^;)ヾ

  「二丈町産イノシシのリエット」
   パテよりリエット!なんだな(^^)* イノシシだけど臭味はないです。
f0077194_10134157.jpg

  「タラモとパン」
   あ。ちょっとかぶったかも~(笑) でもまた違う味でおいしい。
   明太子にじゃがいも、レモン汁etc. これ、家でも真似できそう!
f0077194_10135921.jpg

  「アンディーブのあっさりサラダ」
   この苦味がクセになるよね~。
   アクセントの胡桃と、酸味のあるドレッシングが美味しい。
f0077194_10142591.jpg

  
        この日はそれぞれに1杯ずつ飲んだあと、赤をボトルで♪
        口に含んだ瞬間が、すごくスパイシー。   
f0077194_10144236.jpg

    ぺだるさんがこまめにワインを注いでくれたので、いつもよりペースが早かった
    気がします(笑) 結局一本をどのくらいの割合で飲んだのか気になる…w
    店内は明るくて、一見カフェのような開けた空間。
f0077194_10152188.jpg


  「砂肝と心臓のアッシ・パルマティエ」
   これヒット!!またまた新じゃが大活躍(^^)ノ
   内臓系の食感もあって、これは美味しいねぇ~w 独り占めしたい!(笑)
f0077194_10154010.jpg

  「野菜とシーフードのグラタン」
   最後はたっぷり食べたいね~ってことであつあつのグラタン。
   これ、バターを一切使っていないホワイトソースだそう。
   まろやかで海老もたっぷりでおいしかったぁ。勧められるままに一番食べましたw
f0077194_10161337.jpg

  
   
   コンフィも美味しそうだったなー。この日は控えめで5分目くらい…?
   てことにしておこう(笑)
   あー。私も勉強しなくちゃ…。



f0077194_15463657.jpg

 ■COQUINES(コキンヌ)
  福岡市早良区祖原3-4
  川島ビル1F
  TEL   092-846-8410
  OPEN 18:00~26:00 
       (LO11:30)
  お休み 不定休




[PR]
by nao-ltd | 2007-03-02 10:17 | フレンチ

■仏蘭西小料理 花りん■


  久しぶりに訪れました。
  赤坂の大通りからちょっと入った道にある、「花りん」。

  ここはフレンチだけど、なんだかとても優しい。
  素材もお料理も、いつもそう思わせてくれます。
  一番上の叔母の、古希のお祝いで来ました。
 
f0077194_1617131.jpg


   
   「花りんコース」
    
    ・鴨の燻製とオーガニック野菜
    ・カリフラワーのムースとサーモンマリネ
    ・ビーツのポタージュ
    ・いさきのムニエル 烏賊のムース包み サフラン風味
    ・カタルーニャポークのハンバーグ仕立て 牛蒡のソース
    ・食後のデザート(ココナツのブランマンジェと洋梨のソルベ)
  
   
  ここはいつも前菜に驚かされます。
  前回は玉葱のババロア、そして今回はカリフラワーのムース。
  写真左上の、白いぷるんとしたものがそう。
  ビオワインと共に、オーガニック野菜の旨味がどのお皿でも感じることができて
  とても美味しくいただきました。
  ごちそうさまでした。


  
  ■仏蘭西小料理 花りん
    福岡市中央区赤坂1-6-5
    TEL  092-771-3866
[PR]
by nao-ltd | 2007-02-16 16:19 | フレンチ

カルトポスタル


f0077194_13505791.jpg
12月のまだ寒い時期で。でも一歩中に入ると、あたたかい空気とおいしそうなにおいがほわん。
ここに来たいと言い始めてから何ヶ月経ったかな。メニューはお任せのコースのみ。今ここに座っているから食べられる料理。



 名物のキッシュ。カリフラワーがほろほろに煮込まれて、じんわり溶ける。
 2皿目はスープ・ド・ポワソンとパエリアを一緒にしたような。
 そしてメインはホロホロ鳥のロースト。閉じ込められた旨味が口の中にぱぁっと広がる。
f0077194_13511075.jpg


f0077194_1558453.jpg
コースの最後にはデザート。
2人それぞれ別のものを出して頂きました。
ガトー・ショコラと、林檎のタルト。シンプルだけど、それがこのお店らしさにも感じられる。
どちらも美味しかったです。




 素材の味がぐぐっと前面にでてくる。そんな料理にワインもなお美味しい。
 カウンター越しにみえる厨房の奥で、じっくり丁寧に丁寧にローストを見守る
 オーナーの姿が印象的でした。



  ■カルトポスタル 
   福岡市城南区別府1-8-33
    松永コアビル2F
   TEL  092-845-7879

 
[PR]
by nao-ltd | 2007-01-24 13:51 | フレンチ

■そうりの食卓■

 ずっと気になってた。
 お昼にはとても、当分行けそうになくて。
 夜ちょっと遅い時間におじゃましました。
 お友達のお家に来た。そんな感じの寛げる空間。
f0077194_18331658.jpg



   『本日の夜定食』 3150yen メニューはこちらのみ。
   今日は軽めに、スターターは白ワインで♪   
     


f0077194_18333415.jpg旬サバのカルパッチョ&
スペイン産ハモンセラーノ


ハモンセラーノ大好き!
脂身加減が絶妙~(≧ω≦)*
しかもたっぷりで嬉しい♪
これと白ワインでいいです~。
最初に塊のまま持ってきてくれて気分も高まります♪
サバはもちろん、つけあわせの人参マリネが好み。


f0077194_1834486.jpg
フォアグラのおでん

この日キラリ光ってた一品。
じんわり。体に染みる味。
上品な洋風だしと、舌の上でとろけそうなフォアグラ。
歯ごたえを残した春菊に、
名脇役の大根もちゃんと
います。


f0077194_18343014.jpg
イタリアのパン
     ボッコンチーノ


表面はカリッ。
中はもっちりヒキがある。
ユニークな形のバターを
ちょいとのせて。





f0077194_18344975.jpg
白身カレイのチーズムニエル 牛蒡のクリームソース

想像とちょっと違った(^^;)
ソースをつけるとまた違う味になります。
器が全てシンプルな白で統一してあるのもいいですね。


f0077194_1835471.jpg
黒毛和牛ランプのビフテキ
バルサミコ酢の吟醸醤油


ちょっぴり贅沢なお肉にソースをからめてパクッ♪
吟醸醤油がいい味だしてます。人参グラッセはあまり好きではないけど、ここの野菜はおいしいですね。


f0077194_18352659.jpg
烏賊の麦ご飯リゾット

麦ご飯だったためリゾットにちょうど良い固さのお米ではなかったけど、洋風雑炊のようなあっさり落ち着く味。烏賊が結構たくさん入ってた(^^)
すっごいボリュームと思ったけど、これならイケます♪




f0077194_18355262.jpg
ムースショコラ&
       スフレグラス


食後のデザートは2種(^m^)
ムースショコラはねっとり濃厚。そしてスフレグラスはラム酒をたっぷり含んだ大人のデザート。オレンジのコンフィチュールが程良い苦味を添えてくれます。





     食後の紅茶と一緒に、小菓子でカヌレもいただきました。
     お客さんの年齢層が意外に高かったです。
    おしゃべりしながら、ゆったり楽しく食事できるレストランですね。

f0077194_183619100.jpg



f0077194_18363295.jpg

■そうりの食卓
 春日市惣利5-22-2
 TEL 092-596-2929
 お休み 月ようび 
 Lunch 11:30~13:30
Dinner 18:00~21:30


[PR]
by nao-ltd | 2006-11-21 18:38 | フレンチ

■樋口■


f0077194_144237.jpg

先月?再開した『樋口』へ。
シェフが変わって一新フレンチに。



アミューズは赤ピーマンのムース・オマールのジュレとキャビア添え。
冷たい前菜は、五島サバのサラダ仕立て。
温かい前菜は、蕪のポタージュに朝〆の鶏とフォアグラのポアレ・キャビアのせ。
お魚料理は、ほうぼうのムニエル 牛蒡のソース。
お肉料理は、仔牛のソテー きのこと黒トリュフのソース。
ドルチェは3種盛りで、フロマージュブラン フランボワーズのソース、洋梨のコンポート、
チョコレートフラン。


f0077194_144224.jpg

       2階にあったワインセラーが1階に。表の看板もそのまま。
       以前の樋口に惚れていただけに、ちょっと残念。
       1階のみでの営業なのでいまだ予約がとれない日もあるようです。



    お休み 火曜日
[PR]
by nao-ltd | 2006-11-11 14:05 | フレンチ

■Atelier Oki■


     先月浄水通りにOPENしたばかりの、『Atelier Oki』(アトリエ・オキ)へ。
f0077194_1619409.jpg

f0077194_16202517.jpg
忙しいといいながらも、理由を作って外食してる気がする(^^;)
まぁこの日はちょっと特別に?!
ひさしぶりに叔母と外食。
16区と同じ並びで、薬院側っていうのかなー?(←方向音痴)
こちらのシェフは、『レストラン・モリ』や『ドゥ・ミル・サンク』にいらしたそう。



   まずはグラスシャンパンから。中はモエじゃないよ(^^;)
f0077194_16203358.jpg

     豚肉のリエット
     これは美味しい。あったかいバゲットにたっぷりつけて。お好みでS&Pも。
f0077194_16205084.jpg

     本日のカルパッチョ
     この日は蛸でした。蛸は…家で作るオイル&ガーリックたっぷりのほうが(^^;)
f0077194_1621849.jpg

     サザエのブルゴーニュ風
     エスカルゴの和素材バージョン。サザエが細かくカットされてたから、身のまま
     がよかったな。こちらはフレンチでも軽めなので、バターもちょっと控えめです。
f0077194_16213393.jpg

     キッシュ
     添えてあるサワークリームがちょうどよいアクセント。
f0077194_16215259.jpg

     牛テールのブレゼ 
     牛テールの表面をオリーブオイルで焼いた後、香味野菜やブイヨンを加えて
     3~4時間とろ火で煮込んだ料理だそう。
f0077194_1622764.jpg

     このスープ、テールや野菜からでたコクがまろやかなのに、すごく薄味であっさり。
     塩を好みで加えて味を調整できます。
     食感を楽しむために加えられたタピオカで、さらにぷるん。。
f0077194_16221567.jpg




お値段はちょっとお高め。
大人がさらっと使うレストランだなぁ。


f0077194_1226144.jpg
■Atelier Oki(アトリエ・オキ)
 福岡市中央区薬院4-18-15
 ライオンズマンションマキシム浄水通り1F
 TEL 092-525-0009
 Lunch 11:30~14:00(L.O)
  Dinner 18:00~21:30(L.O)
  お休み   火曜日



[PR]
by nao-ltd | 2006-10-16 21:18 | フレンチ

■仏蘭西小料理 花りん■

f0077194_130751.jpg

ひさしぶりに家族で外に食事へ。奥様のおもてなしが印象的な「仏蘭西小料理 花りん」。
母と私は、「グラン・インペリアル」。いつも飲むスパークリングより少し甘い。


      「花りんコース」より。 アミューズはポークリエット。
f0077194_12564546.jpg

      「甘玉葱のアイスクリームとヨコワのマリネ」
       手間をかけて作られた新玉葱のアイスクリームの下には、
       冷製のラタトゥイユや海ぶどう。アイスクリームが本当においしい。
       野菜のあまさが堪能できる一品。       
f0077194_12565785.jpg

      「ゴールドラッシュ(とうもろこし)のババロア フォアグラムース添え」
       これもまた、シェフの細かい仕事を感じる一皿。
       上品な甘みのとうもろこしは食感がなめらか。
f0077194_1257734.jpg

      「黒鯛のポワレ 夏野菜添え」
       ポワレは皮がパリッとしていて、程よくソースとからむ。
       それに熊本産の南瓜、京都の茄子、夏野菜のゴーヤなどで彩りを添えて。
f0077194_12583392.jpg

      「牛スネ肉のマスタード風味」
       柔らかく煮込まれたお肉。パン粉が旨みをぎゅっと閉じ込めている。
f0077194_1259209.jpg

       食後のデザートはひとり2種ずつを選べます。
       私は、黒胡麻のブリュレに、ココナツのブランマンジェ。ココナツの上には、
       パッションフルーツがのっています。
       右は、南高梅のジュレに奄美産プラムのソルベ。
f0077194_15182059.jpg


       一つ一つの料理に、季節感とその時期一番おいしいものを食べてもらいたい。
       そんなシェフの想いが伝わってくるお料理でした。
       


f0077194_12595025.jpg

■仏蘭西小料理 花りん
 福岡市中央区赤坂
 1-6-5
 TEL 092-771-3866
[PR]
by nao-ltd | 2006-07-05 12:31 | フレンチ